ピアスを開けたら

ピアスっておしゃれでかわいいですよね。
女性だけでなく男性もピアスを開けている人は多いですし、最近ではご年配の方が記念に開けるという話も聞きます。そんな私も両耳に一つずつピアスホールがありますが、このピアスホールのお手入れって意外と大切なんですよね。

私は生まれつき肌が弱いせいか、ちょっと体調を崩すとピアスホールの調子が悪くなってしまいます。膿んで血がでてしまうんですね。
さらに重みのあるピアスを付けると途端に調子が悪くなってしまうので、軽いものばかりをつけています。

ピアスを開けたての方は、よく消毒しなければいけないと思われるかもしれませんが、実は消毒ではなくて「清潔」にすることが大切です。
清潔にするとは必ずしも消毒しなければいけないのではなく、優しく石鹸やぬるま湯で洗ったり、汚れた手で触らないことを指します。
逆に消毒しすぎると消毒かぶれを起こし、いつまで経ってもピアスホールが完成しません。ですので、最近ではお医者さんも消毒を全面的に進める人は減っているようです。

ピアスホールがある程度完成したら、フックタイプやフープタイプのピアスはもうしばらく我慢して、スタッドタイプの軽いものから付けましょう。
一年程して完全にホールが安定したら、好きなピアスをしてみましょう。